メニュー

コンクリート施工管理システム CIM 連携版 | 土木・建設産業に向けたシステム提案、ICT化

製品一覧Product

国土交通省 新技術情報提供システム登録商品[NETIS番号]KT-130081-A

コンクリート施工管理システムeagle plus

CIM
連携版

コンクリートの施工管理を見える化。
運搬時間や打ち重ね時間を3Dモデル上にリアルタイムに表示します。
打設のデータは自動で3Dモデルに割当され、
打設から維持管理までのトレーサビリティ管理が可能となります。

[特徴]
  • 生コンプラント出荷から現場到着、
    荷卸し開始・終了時刻を管理運搬時間管理
  • 打設箇所を指定し、
    打ち重ね感覚の時間を管理打ち重ね時間管理
  • 現場試験データを管理品質試験結果管理
  • 打設データを3Dモデルに自動で割当CIMへの自動割当
[CIM連携版の特徴]
CIMと連携させる為には「3Dモデルを打設単位毎に分割」する必要があります。しかし、各打設単位の大きさや計上は工事の進捗により変化する為、そのモデルを事前に作成しておく事は困難でした。
eagle plus CIM連携版は、3D CADの知識がなくとも簡単に打設単位毎の3Dモデルを作成する事ができ、打設の情報をリアルタイムに3Dモデルに表示する事ができるアプリケーションで構成されます。

「eagle plus CIM連携版」を構成する、3つのアプリケーション

  • 3D-CAD作成支援ツールeagle-designer

    コンクリート打設において図面に即した三次元モデルをカスタマイズ作成する為のAutoCADへのアドインツールです。以下の事ができます。

    1. 元図面(3Dモデル)のブロック分割
    2. ブロック分割した図面のリフト分割
    3. リフト分割した図面のメッシュ分割、層分割
    4. eagle plusで使用する打ち重ね管理用平面図の自動作成
    5. 打ち重ね管理用平面図へのポンプ車割付

    本製品はAutdest©AUTOCAD CIVIL3Dのアドオンソフトウェアです。ご使用には、Autdesk©AUTO CAD CIVIL3D(有償版)のインストールが必要です。

  • データ同期ツールeagle-sync

    「コンクリート施工管理システムeagle plus」で作成した打設データをサーバから定期的にダウンロードする為の同期ツールです。本ツールを用いて、打設データを3Dモデルにリアルタイムに反映します。打設帳票も同様に反映します。

    cim_image_01.png

  • コンクリート施工管理システムeagle plus

    コンクリートの品質管理に必要となる運搬時間・打ち重ね時間・品質試験結果などの各種情報を、一元的に管理するコンクリート施工管理システムです。
    CIMを活用して各々の情報を自動で3Dモデルに連携する事ができ、施工の進捗お3Dモデルにリアルタイムに反映させた「打設の見える化」や、施工時に取得した各種情報を効率良く保管・管理することが可能となります。

eagle plus CIM連携版を構成する各アプリケーションを用いて

cim_image_02.png